ニューヨーク・マジックシンポジウム

 
6,000 
land00006

クロースアップからステージ、イリュージョンまで幅広い領域をカバーしています。登場しているマジシャンも、ユージン・バーガーに始まり、ダローやトミー・ワンダー、デビット・ロスなど豪華な面々です。在庫が少なく、他のショップでは絶版になっていたりする貴重な一冊です。

1.The 1986 Symposium Performers


Eugene Burger

Introduction

「マジシャンと教授の会話」というテーマでのイントロダクション

Daryl

The Multi-Colored Pen

観客に、黒いペンを渡し、名刺にイニシャルを書いてもらいます。そのあと、マジシャンはそのペンは発明品で好きな色で書けると説明し、観客の言った色の名前を、その名刺に書いていきます。ただ、この時点ではすべて黒い色に見えています。ただ、虹色のステッカーのようなものでなぞると、色の名前が、黒からそれぞれの色に変わってしまいます。もちろん、イニシャルはそのままで、名刺は記念に観客に渡すことができます。

Risen from the Ashes

シャッフルされたデックから3枚のカードを覚えてもらいます。デックは一度カットされフェイスアップで普通にディールされますが、3枚の覚えられたカードをつづっていくとデックの中から逆向きになってスペルの最後から現れます。

Sawa

Crash Dice

2枚の黒いプラスティックカードの間に、黒のダイスを挟むと、ダイスが消えてしまいます。カードを開くと、つぶれたダイスが出てきます。

Richard Kaufman

Transparent Lies

観客にカードを選んでもらい、ケースに戻します。この状態でカードを当てます。種明かしとして、実はケースに切り込みがあるのを見せます。もう一度同じことをしてカードを当てますが、今後はケースの切り込みがなくなっています。

Michael Ammar

Haley’s Comet

ポケットからライターを取り出し、火をつけます。すると、火の玉が出現し、床に落ち、床にぶつかるとはずんでゴムボールになってしまいます。ボールをつかみ、もう一度はずませます。そして、再び弾ませようと投げ落とすとボールが消えてしまいます。そのあと、手からライターも消えてしまいます。

Tommy Wonder

Deja Revurse

2枚のカードが選ばれ、覚えてもらい、デックに戻します。マジカルジェスチャーをすると、選ばれたカードだけが真ん中に表向きで出てきます。それを裏向きに戻します。2枚目のカードをひっくりかえすために特別なジェスチャーをしますが、スプレッドすると1枚目のカードが表向きで現れます。もう一度裏返します。しかし、1枚目のカードが何度もしつこく現れます。4度目の出現の後に、マジシャンは1枚目のカードをビリビリに破いてしまいます。今度こそ成功するはずですが、また1枚目のカードが表向きで現れます。破られたカードを見ると、2枚目のカードになっています。

Gaetan Bloom

The Bloom vs. Kulagina Match

マッチ箱から、マッチが一気に飛び出します。演技前後に、道具を調べてもらえます。

Scott Cervine

Strife in Eden

オープニング用の手順です。シルクの下にあるケーンが分裂してしまいます。

Jay Sankey

Once is Never Enough

「拍手の缶詰」というテーマで行うギャグの手順。

Canned Applause

2枚のジョーカーをデックから取り出し、フェイスを合わせクリップで止め、テーブルに置きます。2枚のカードを選んでもらい、観客に持ってもらいます。マジシャンは、手を触れないように、関係のないトップカードでジョーカーをすくい上げ、開けてみるとなぜか観客のカードに変わっています。観客の手の中のカードをみると、ジョーカーに変わっています。

Phil Goldstein

PSI~Con Ruse

観客にカードをシャッフルしてもらいます。一冊の本と封筒を取り出し、封筒の中に予言が入っていることを伝えます。自由に混ぜられたカードから5枚を本の端に挿していきます。観客はそこから1枚を選びます。封筒を開けると、観客の選んだカードの名前が書かれています。

David Roth

Gone but Not Forgotten

イングリッシュペニーとハーフダラーがからの手の上で示され、2枚とも片方の手に握られます。手を開けるとハーフダラーがなくなっています。ペニーの下にハーフダラーが書かれているのだろうと思いますが、ペニーをどけるとダイムがあります。

Ben Harris

SpendingSpree

観客からクレジットカードを借ります。それとデックを使い、アンビシャスカードをします。クレジットカードの危険性についての楽しいお話として演じられます。

Jeff McBride

Subsequent Smoker

即席マジック。マジシャンはタバコの箱に手を伸ばしますが、箱は空であることに気づきます。それで、イライラして、箱をくしゃくしゃに丸めます。そして、丸めた箱を投げ捨てようとしたとき、マジシャンにある考えが浮かびます。マジシャンは箱を元のように伸ばしていき、内側に指を突っ込んで最後の一本のタバコを、無傷の状態で取り出します。

Jonathan Pendragon

Beauty Enfolded

イリュージョンです。長いケープをまとったマジシャンがドラマチックに登場し、ケープの中から美女が現れます。

2.Special Japanese Selection


すずき とおる

Diagonal Slide

白い名刺大のカードの1つのコーナーをハサミで切り落とし目印にします。そのコーナーにパンチで穴を開けます。その穴を指でこすると反対のコーナーに移動してしまいます。

ふたがわ しげお

Four-Tell On Dice

マジシャンは予言を書きます。それから、2桁の数が異なる色で描いてある4つのダイスを示します。そして、観客にそのダイスを異なる色の枠の中にひとつずつ任意に入れてもらいます。それが完了したら、枠の色とダイスの数の色が同じになるように上に向けます。これで、4つの上を向いた数が選ばれたことになります。この数の合計が予言されています。※何度も繰り返し行うことができます。

Upon Reflection

5枚のカードを使った予言マジック。鏡を使った演出が素敵です。

3-D Reflection

「Upon Reflection」に続けて行うマジック。薄い封筒の中から取り出した3枚のカードに、立体的なダイスが張り付いて出現します。

こみね いさわ

Kirigami Rings

1枚の真四角な紙を折りたたんで、ある型にハサミで切り抜いて広げると、つながった2つのリングができてしまいます。

あつかわ まさお

Fair Exchange

カードを数片に切り刻んで行うパズルマジック。

むとべ よしひこ

Triple Knockout Spellbound

シルバーコインが、チャイニーズコインに変わり、さらにイングリッシュペニーに変わってしまいます。

The Mutobe Vanish The Mutobe Palm

ムトベバニッシュとムトベパームの解説です。

たかぎ しげお

Takagi Thumb Tie

サムタイの解説です。

3.Special Guest Contribution


Ray Kosby

The Sidewinder Pretzel

一本のまっすぐな棒ビスケットを示し、これを拳の下から差し込むと、甲の中で90度に曲がって指の間から出てきます。非常にユニークな現象です。

Larry Jennings

Orient Express

ハーフダラーとチャイニーズコインの交換現象です。

Deane Stern

Pendu

紐に指輪が貫通してしまいます。

GaryLee Williams

Freinds & Lovers

センターテアを使った「愛」をテーマにした即席マジック。

David Gripenwaldt

Spellbound Ring Change

一瞬で指輪が、違う指輪に変わってしまいます。

Paul Cummings

Short Sheeted

紙幣のスチールをスライハンドで行う方法。

Pat Hazell

Down the Falls,Up the Back

視覚的にも聴覚的にも面白いカードスプリングのギャグ。

Roger Klause

Delayed Reaction

コインが右にもたれ、左に向かって投げられますが、普通には飛ばず、約1.37秒おいてコインはすっときえて右から左へ飛びます。

Rick Anderson

Ambitious in Bondage

ダローのアルティメイトアンビションのレギュラーカードバージョン。デックをロープでまいた状態で、アンビシャスカードを行いますが、しっかり上に上がってきます。